トップページ 暗号資産 暗号資産購入方法 お問い合わせ 会社概要
暗号資産/ブロックチェーンとは
ビットコインの誕生
暗号資産に代表されるビットコインは、2008年にネット上に突如公開された論文がきっかけで誕生しました。「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と題され、英語で書かれたその論文は、たった9ページという内容でした。日本語訳だと「ビットコイン P2P電子マネーシステム」となります。論文の投稿者は、サトシ・ナカモトという人でした。しかし、いまだにその正体は謎に包まれています。彼の論文を簡単に言えば「お札のように印字されずに、国が管理しなくてもよい通貨が作れる」というものでした。この技術こそが、現在では一般に知られるようになった「ブロックチェーン」です。
早くも翌年には、最初のビットコインが発行されました。発行直後は、1BTC=約1円だったビットコインは、発行から8年後の2017年には、1BTC=200万を超え、さらに4年後の2021年には、1BTC=700万円を超えました。ビットコインはすでに多くの企業やサービスで「お金」として認められており、商品やサービス、他の通貨との交換も可能です。
日本でもビックカメラなどの家電量販店から、居酒屋、回転寿司、病院、電気代、楽天ウォレットなどでビットコインを用いて支払いが可能な店舗やサービスは増え続けています。
将来的には、かなりの多くのお店でビットコインが使用できるようになると思いますが、その時に1BTCがどのぐらいの価値になっているのか非常に楽しみです。
ブロックチェーンは、暗号資産の原点であるビットコインと同時に発明された技術です。日本では、「分散型台帳技術」や「分散型ネットワーク技術」と呼ばれています。
ブロックチェーンの仕組みは、ビットコインの取引データはすべて、ブロックと呼ばれるデータのボックスに記録されます。取引が広がるに伴い、ブロックのボックスもどんどん増えていきます。そして、1つ1つのブロックは、すべて有機的に鎖(チェーン)のようにつながっていきます。この無数のブロックが連なった状態を「ブロックチェーン」技術と呼んでいます。

その他の特徴としては、
@銀行のような中央集権的な管理機関が存在しない。
A過去に遡ってデータを改竄できない、したがって、ビットコインも「不正取引や偽造ができない」。
B銀行などの中央集権的な金融機関を介さずに、利用者同士が直接コミュニケーションできるシステムのため、海外への送金などにかかる手数料が極めて安価になる。金融機関を介した海外への送金は、数日の時間と数千円の手数料がかかります。こうした無駄がブロックチェーンなら省く事ができます。







暗号資産/BTC(ビットコイン)の情報提供、ブロックチェーン開発・販売
株式会社Mネットサービス
滋賀県栗東市小柿7-5-11-306
050-8881-9032